♫ 少し真面目な話 パートⅢ   

2013年 08月 25日

朝晩が涼しい!と、言うより寒くなってきました。
芸術の秋が近くなってきたので、チョッと真面目な話。

皆さん ピアノの中は見た事ありますか?
アップライトピアノだと調律の時、又は上のカバーを開けて見れますね。
グランドピアノは、弾いている時も確認できますね。
a0249443_9285053.jpg

低音域の弦 1音に対し細い弦が2本一組で2本張られて銅線が巻かれていますね。(ボケてます008.gif

a0249443_9321468.jpg

中音域の弦 1音に対し3本張られていて何も巻かれていません。

a0249443_934745.jpg

高音域の弦 1音に対し3本は変わりませんが途中でダンパー(黒いかまぼこ型?の物)がなくなります。

弦は、暑かったり、寒かったり、湿気が多かったりすると伸びたり縮んだりします。
なので季節の変わり目は、音が狂ってくるのです。
気温の状態が落ち着くと、少しずつ元には戻りますがメンテナンス(調律)は必要です。
今、教室のピアノ・・・。徐々に狂い始めています(ジメジメと暑かったですからねぇ)
良く観るとピアノの中は、楽しいですよ。
勿論、ピアノは8000個以上の精密な部品から出来ている物なので、弦やダンパー等、触ったりしてはいけませんが、どうしたら音が鳴るのか観察するのは良い事だと思います。
次回は、音が鳴る・・・を少し真面目に紹介しようかな?
練習に集中できる9月になりますように045.gif
[PR]