♫ 1日かけて・・・

ここ数日、発表会後のお休みを頂いています。
まとまった時間が出来たので、やっと、2教室のピアノの調律をして頂きました。
午前、川沿を午後、南沢を丁寧に時間をかけて作業して頂きました。
川沿のピアノは、かなりのご老人。偏屈な気難しいおじいさんらしいです。
調律師さんがおっしゃってました。
又、1年へそを曲げずにきらびやかな音を出してね!
南沢のピアノは、これからが円熟期。
沢山弾いてあげることで、更に魅力が出てきます。

全体に明るい音になったかな060.gif

楽しみにレッスンへ来てください053.gif


[PR]

by izi9_piano | 2015-11-12 00:22 | 教室のつぶやき | Comments(2)

Commented by かおり at 2015-11-17 01:09 x
調律した後のピアノは
ワクワクしちゃうよね〜??

私、前にね
「高めでキラキラした音にして下さい 」と、調律師さんに
お願いした時があってね
調律師さんが帰った後
弾いたら、思うような音になってて
あまりの嬉しさに、すぐ感激の電話を
しちゃった事があったわ〜〜

発表会前に調律したんだけど…
ピアノ…最近あんまり調子よくないんだ〜
もっと仲良くしてあげなくちゃかもね
Commented by izi9_piano at 2015-11-17 06:17
> かおりさん
ピアノって生きてるからねぇ。
ちゃんと呼吸してるっていうか・・・。
調子が悪い時も絶好調の時もあるよね。
弾いてる自分が寄り添ったり、環境を整えてあげなきゃなんない。
難しいね。
駄々っ子の川沿のピアノ、弾いて弾いての南沢のピアノ
どちらも愛すべき子供みたいな感じだよ。