誰が教えた訳じゃないけれど・・・。

ソフィですが、寝る時上手に右、左足をあごの下に入れ眠ります。
私は、犬を室内で飼うのが初めてなので、他のわんちゃんを知らないのですが、犬って皆そうですか?
右足バージョン
a0249443_822207.jpg

左足バージョン
a0249443_8231387.jpg

人間は、頭が重いのでこんな恰好していたら痺れますよね・・・
ワンちゃんは、大丈夫なのかな?
それとも、家のソフィの頭が軽いから(妙に納得)?(ソフィ!ゴメン)
[PR]

by izi9_piano | 2012-02-28 08:32 | 日記 | Comments(0)

受験生の皆さん!

教室には、今年大学受験生が2人、高校受験生が2人います。
高校、大学受験生は、それぞれ自分の目標に向かいながらも、ピアノのレッスンをギリギリまで受けていましたね。今は、お休みの状態ですが、息抜きにピアノ弾いているでしょうか?
受験終わったら、レッスンじゃなくていいから遊びに、話をしに来てくださいね。待ってますよ。
下は、私が大学受験の時に、今は亡き父が私に買ってきたものです。その当時は、「忍」と書かれ少し怖い顔のだるまさんを余り意味なく見てましたが、七転び八起きの「忍」の精神を伝えたかったのでしょうね。
a0249443_1116584.jpg

見ての通り、傷だらけ・・・(お父さん!ごめんなさい。ソフィが噛みつきました)
でも、何か迷った時、自分に喝を入れたいとき、にらめっこします。そしてもう少し、頑張ってみよう・・・と思います。
受験まっただ中の、皆さん。後、少し。このだるまさん見て、喝入れて下さいね。
[PR]

by izi9_piano | 2012-02-26 11:30 | 日記 | Comments(0)

研修・・・。 

今日の研修は、高齢者の音楽療法に入りました。
先日までは、児童でしたので様々な症例がありメージしにくい事があったのですが、高齢者に関しては、イメージがしやすかったです。

加齢に伴う身体機能の変化、脳の変化、心の変化に働きかけ、老化の速度をゆるめる。
認知症が現われてくるのを予防したり、音楽活動を通し身体を動かすことにより、寝たきりにならないようにしたり、不幸にして認知症になった場合でも、その進行をできるだけくいとめる。と、いうのが高齢者にとっての音楽療法の目標だそうです。(パートナーを失う喪失感は、やはり一番心の変化がおきやすく、孤独感から抑うつ状態になりやすいと聞きました。)

体をほぐす運動から入り(バッハのプレリュードが流れました)、嚥下体操 これは口の周りを動かす言葉で出来ていて発生練習の時に使いました。♫ドレミファソファミレド~♫をパ・ン・ダ・の・た・か・ら・も・のという言葉でしっかり口を結んだり、破裂音にして歌うのです。(日本語は、余り口を動かさずにしゃべれる言葉なのだそうです)しっかり口や舌を動かすことは、飲み込むこと、咀嚼することに繋がりますものね。

歌も、沢山歌いましたよ。結構、知っている曲(自分が年をとってるだけに?)多かったです。
1曲だけ・・おつたとちからの出てくる湯島の白梅は、しりませんでした。本当ですってば008.gif
様々な手遊びも教えて頂きました。そして音楽療法にもクールダウンが必要なのだそうです。今回は、夕焼け小焼けが終わりのクールダウン曲でした。起承転結・・何事においても必要な事だと実感しました。

私は、音楽療法士ではないので、何処まで活動に関われるかは微妙です。でも、お手伝いは、出来るようなので少しずつ、出来る事から関わっていけてら・・と思っています。今日も、歌ってお腹から声を出しました。ぐっすり眠れると思います。
[PR]

by izi9_piano | 2012-02-23 17:49 | 日記 | Comments(0)

今日、嬉しかった事。

レッスンをしていて嬉しい事の一つに、この曲を弾きたい、弾けるようになりたい。と、思ってくれることが、あります。私は、それが嵐だろうとAKB48だろうと応援してしまいます。
今、6年生の数名が卒業のお祝いに、自分たちが選んだJ-POPに挑んでいます。
出来上がりが楽しみです003.gif

5年生の生徒さんは、自ら卒業式の在校生の歌伴奏のオーディションに挑みました。
そして見事、合格しました。今日、自分で練習した成果を聞かせてくれました。すごい!良く、頑張ったね。
その集中力と努力は、他の色んな事に活かされると思います001.gif

子供達のやる気は、本当に素晴らしいです。私も、頑張らねば。
[PR]

by izi9_piano | 2012-02-21 21:11 | 教室のつぶやき | Comments(0)

研修

今日は、この前ご紹介した音楽ボランティアの2回目の研修会でした056.gif
ほぼ、音楽療法の分野の研修・・第1、2回目の対象は児童です。実践を含んだ研修なので、とにかく沢山歌います。で、ここでガ~ン!と打ちのめされました。最近の歌を知らない。
嵐やAKB48ならまだ大丈夫・・。でも、少女時代になると(?_?)
まして、スイートプリキュアとか、とっとこハム太郎・・お母さんと一緒で今、流れている曲になると・・アレ~008.gif
研修から帰り、レッスンとレッスンの合間に、挨拶の時に使う、とっとこハム太郎の「手をつなごう」の弾き歌いから練習開始。言葉が沢山あって・・・口まわりません。リズムも細かく・・老化した目には音符が辛いです。
そんなこんなで悪戦苦闘中、次のレッスンのkさんが部屋に入ってきました。苦笑いして・・とんでもない物を聞いたような顔してました。お願い kさん!忘れてください028.gif
[PR]

by izi9_piano | 2012-02-20 19:59 | 日記 | Comments(0)

分かった!行くのよね。

今日は、家の中がいつもより寒く感じます。朝、冷え込んだのね。きっと。
外へ行かないですまないかなぁ・・・。
シラ~とピアノを弾いていましたが、やはりお迎えがきました。
「行くの~」と私・・・
a0249443_12252868.jpg

「行くにきまってるでしょう・・」とソフィ。
目がうったえてます。こんなにいい子してるんだから、連れて行かないなんてありえない・・と。
「行ってきます」007.gif
[PR]

by izi9_piano | 2012-02-18 12:31 | 日記 | Comments(0)

音符をよむ 第1歩 その2

今回は、5線を使ってできるお家での遊び
まず、5線(ト音記号用とヘ音記号用表裏で)と、カードをつくります。
a0249443_8565630.jpg

左カードはひらがな、カタカナで、お子さんの読める方で良いですが、表裏で書いておくと字を覚える事にもなりますね。
点が打ってあるのは、高さを示します。多くなるほど高いです。右カードはヘ音記号用。下は、日本音名用。私の所では、1年以内に出てくる可能性があるので作っておきます。
最初は、よ~いドンで、前に作った玉で
a0249443_96594.jpg
a0249443_963195.jpg

音階作り・・順番に線、間に並べましょう。階名を言いながらです。
最初からト音、ヘ音同時進行が長年の経験からは良いと思います。何度もくり返してくださいね。
沢山、ありすぎて・・という場合は、ト音記号のど、れ、み、ふぁ、そ、ヘ音記号のど、し、ら、そ位までやってみましょう。(少しずつ増やしていきましょう)
場所が定まってきたら、カードのでばんです。
a0249443_9134263.jpg
トランプのようにきって、上から順番にお子さんにめくらせて玉を並ばせたり、逆にお家の方が、玉を置いてカードを並ばせたりしてみましょう。出来てきたら自由に玉を並べて
a0249443_9282644.jpg
玉をめくって答えましょう。最終的に
a0249443_9313184.jpg
線と間の音が直ぐ解る様になると下から数えるのではなく、近くから判断出来る様になり理想に近づきます。ヘ音記号も同様に。そして、ヘ音記号は沢山遊んであげて下さい。遊びです。お家の方が夢中になり過ぎない程度に。出来なくても怒らないでくださいね。時間が解決してくれます。
次回は、音あての遊びに使う・・を紹介します。
[PR]

by izi9_piano | 2012-02-17 09:56 | 教室のつぶやき | Comments(0)

自分のこと

私は、若い頃からピアノを(音楽を)教える仕事に携わってきました。
私の場合は、ピアノの音が心を開放してくれた時期があって、この道を選んだのですが・・。
父の転勤に伴う精神的なダメージをがむしゃらにピアノを弾く事で、発散していたのかな?と思います。だから音楽が本当に心から楽しいと思えたのは、生徒さんと歩み始めてからなのかもしれません。本当に、一緒に歩める事が嬉しいし、私が思った以上に、頑張ってくれたりすると拍手です。そんな時、私が癒されていることに気がつきます。何だか、私が元気を貰ってばかり・・・これじゃ、いけない!と最近思ったのです。
歌うこと、嫌いじゃないです。ピアノもまだ何とかお役に立てそうです。
と、いう事で第1歩。研修に参加してきました。
a0249443_17295621.jpg
色んな方が参加されていました。施設関係の方、社会人をリタイアして自慢の歌でボランティア活動をしたいという方等、30名弱の人が目的を持って集まって研修を楽しんで(変ですが)いました。
全体で16時間の研修と体験研修が入ります。体が何か筋肉痛?大丈夫か私?状態です。無事、終了して
実際にどこかでお役に立てれば良いのですが・・・。
[PR]

by izi9_piano | 2012-02-16 17:48 | 日記 | Comments(0)

出張レッスンについて 2

以前、出張レッスンについて書きました。具体的にどの辺りまで来てもらえるのか・・・というご指摘がありました。教室のある川沿、南沢をはじめ北の沢、中ノ沢、後は冬期間でも車で15分~20分で行ける場所になるかと思います。(場所によっては、石山、真駒内地区も入りますね・・、)
メールでのやりとりで、こちらからのメールが届かないという事が起きているようです。迷惑メールになってしまうのでしょうか?
2~3日中には、こちらからメールを入れさせて頂いています。もし、その期間に届いてなければ、申し訳ありません。再度、ご連絡頂ければと思います。

[PR]

by izi9_piano | 2012-02-16 08:15 | 教室案内 | Comments(0)

音符をよむ 第1歩 その1

ピアノ長く続けている生徒さんに、共通して言えることは、譜読みが早いという事です。
譜読みと言うのは、音が素早く読める事、リズムが感じられること、力が備わってくると、頭の中で音が流れてイメージが湧いてきます。しかも鍵盤を見なくても、指が勝手にその音の幅を感じうごきます。
私が、唄ったり、リズムを叩いたり、視奏(楽譜をパッとみて弾く)を含むソルフェージュを取り入れているのは、後になって少しでも苦労しないように・・・要領の良い練習が出来るように。と、思っての事でもあります。習い始めが肝心です。きっと、どこのお教室でも先生手作りのグッズがあるのではないでしょうか。私のしている事は、誰もが工夫している事なので珍しくもありませんが・・・。5線に入る前の段階は、お家でも作れますので、始めの1歩。遊び感覚でやってみてはいかがでしょうか?
例えば
a0249443_13273178.jpg

階段を作り(裏はさがる階段を書いておきます)
a0249443_1329211.jpg

何個か、隠します。(玉の裏には音の名前シールがはってあります)答えを言いながらめくります。自分でめくることに意味があります。指先を使う訓練になります。
a0249443_1337725.jpg
次は、今回は下り階段に音の玉を何個か置き
a0249443_13411287.jpg
音階を作らせます。
a0249443_13442843.jpg
次回は、5線に応用したり、聴音に応用したりをご紹介します。
[PR]

by izi9_piano | 2012-02-14 14:01 | 教室のつぶやき | Comments(0)