♫ 去年の今頃は・・・。

ソフィは、2週間に1度の病院通いになりました!
ご心配頂いた皆様・・有難うございました。
いつもの生活に戻って、
バァちゃん犬として誇り高く生きていくと言っております。(本犬 代弁)m(._.)m

2016年は、6月に家人が左肩を骨折→手術→入院。約1ヶ月に及ぶ入院生活・・・
入れ違いに私が8月に入院→手術という生活を送っていました140.png
病院の先生から、声が出にくくなる可能性も・・と言われ、
仕事や音楽ボランティアを続けていけるか不安になっていたのを思い出しました。

1年が過ぎ、元の生活に戻って、日々の感謝が足りないなぁ・・と反省しています。
普通に、当たり前の事の様に生活が出来ていることの有り難さをつい忘れがちになります。

自由に動けること、食べるの物がある事、住む家がある事、何より支えてくれる人が周りにいる事・・何て幸せなのか。
今日からもう一度気持ちをリセットして生活していこうと思います169.png

p(^_^)q だぞ〜。


[PR]

# by izi9_piano | 2017-08-03 09:14 | 日記 | Comments(2)

♫あ・ん・よ

ソフィの事で色々あった1週間でしたが、嬉しい事もありました。
6月に生まれたニュフェース。
会いに行ってきました。
💓 あんよ💓
a0249443_13114566.jpeg
久し振りに触れる新生児。
手にひらに収まってしまうお顔。小さな手足。
クニュっと動いては、「ワ〜!」と言われ、ウーンと伸びをしては「伸びた〜」と言われ、さぞ、うるさいジィジととバァバだったと思います。
ジィジもバァバも貴女の記憶にとどまる位は、長生きしなくちゃね。

さて、言葉が喋れるようになったら、何て呼んでもらおうかな・・・?
やっぱりジィジとバァバかな。
後1年、ゆっくり考えようっと。


[PR]

# by izi9_piano | 2017-07-22 13:30 | 日記 | Comments(2)

♫ この1週間・・・その2

金曜日の朝を迎えました。
病院へ行き検査をしました。少しづつ、いつものビビリソフィに戻って来て、
病院の診察室では、落ち着かないおばあちゃん犬に。
「これから少しづつ肝臓の数値も下がり始めるでしょう!」
「maxの状態は超えたかな?」とのこと。
肝臓のお薬を処方して頂き帰りました。

私達は、ここで一つ大きな決断をしなければなりませんでした。
16日から1泊2日で、6月に生まれた初孫に会いに行く予定が入っていたのです。
私と家人、どちらかが残る事も考えながら、
預ける予定だったペットホテルへ相談。
ここの経営者は、何と私の大人の生徒さんでもあります。
何かあれば、病院へ連れて行きますから・・と言って下さり、感謝の気持ちで一杯になりました。

土曜日。
もう一つ問題発生。
ソフィが水曜日におしっこをしてから今日までおっしこを出していない問題が。
夕方迄に出さなければ預けるにも支障が。
病院へ相談。
出ない時には、診察時間が終わるまでに病院へ連れて行くことに。
で、結局病院へ行き・・・。
今まで病院とは、予防注射以外無縁だったソフィ。
それが、どんなに幸せだったのかわかりました。

16・17日とペットホテルで過ごしたソフィ。
頑張ってくれました。
沢山の人に支えられて何とか乗り切ってくれました。

18日に病院へ行き、血液検査の結果、
順調に肝臓の数値は、下がってきていました。
チョットづつソフィらしさも戻って来ました。
お散歩も行きたがるようになってきました。
でも、又、問題が一つ。
ご飯を食べようとしません。どうも固形が駄目な様です。
ミキサーで流動食の様にすると食べることが判明。
試行錯誤しながら頑張ります!

まだまだ油断は出来ないし、食が戻らないので体重が減ってしまったソフィ。
そばで寝息を聴ける幸せを感じています。
老犬になって耳も目も弱くなり、チョットしたことに過剰に反応する。
良くその事を理解して行動しなければならないと強く感じた事件でした。

暫く病院通いは、続きます。
早く、もう来なくていいよ!と言われる様頑張ろうね。ソフィ!







[PR]

# by izi9_piano | 2017-07-19 19:31 | 日記 | Comments(4)

♫ この1週間・・・。その1

先週の水曜日に我が家にとっての大事件が起きました。
夜10時過ぎ、家人とソフィが散歩へ出かけました。
中々帰って来ません。遅いなぁ〜と思っていると、携帯が鳴りました。
「ソフィが、川に落ちた!セイコーマートの近くにいるから 」と。
訳も分からず、リードが無いとの事だったのでリードを握り締め走りました。
暗闇にずぶ濡れの家人がダランとしたソフィを抱え歩いてくる姿・・


ソフィが歩いてない・・ダラんと・・地面に置いても横たわるソフィ。
息はしてる。冷たい。

どうやら、散歩が終わり家の前まで戻って来て家人がリードを外した途端、
何にビックリしたのか走り出し、ガードレールを乗り越え、草の生い茂る崖を降り、2〜3メートル下の川の中へ落ちたと、後でわかりました。
かかりつけの病院には連絡つかず、
ダメ元で片っ端から電話をしました。1件目で連絡がつき
「すぐ、連れてきて」と。
病院迄15分位でしょうか。
ソフィは、ぐったりしているし動かないし、泣きそうな気持ちをグッと抑えていました。
血液検査、レントゲンと終わり
外傷は、なし。骨折もなし。
でも、肺気胸があること、全身を打撲したため肝臓の数値が悪いとの事でした。
点滴を受け、少し体温が上がり始めたのでお家で様子を見ることに。
(家人をよく見ると、腕が血だらけ。気づかずゴメンナサイ。)

翌朝、呼吸の早いソフィ。
朝一病院へ。
診察台の上で横たわったまま動こうとしません。
血液検査、レントゲンと進み結果を聞くと、
「現状、良いとは言えません。腹水もたまり始めています。このまま進めば、亡くなる事も考えられるくらい悪い状態です。」と。「このまま入院になります。」

私は、半分冷静、半分パニック。
家へ一人帰り、半分の冷静部分で色んな所へ連絡をいれ、
レッスンだけはしっかりやろうと気合をいれ1日過ごしていました。

でもね、夕方仕事を早目に切り上げて面会に行ってくれた家人と
ソフィが一緒に帰って来たんです。
少し持ち直してきたのと、お家の方がリラックス出来るのでその方がソフィには良いのでは?ということで。
只、この後呼吸が速くなり、座るちょっとした時に「キャン」と鳴くため、夜再び病院へ・・・肺気胸に変化はなく、多分全身打撲の後遺症で何処か痛いのかも・・・となり
痛み止めを打って頂き、家へ戻りました。
これが木曜日までのお話です。

お仕事が終わったら又書きます。
その2へつづく







[PR]

# by izi9_piano | 2017-07-19 15:33 | 日記 | Comments(0)

♫ 完成 ( ´ ▽ ` )ノ

市販されていない連弾用の楽譜作りが、全て終わりました。
何とか終えられてホッとしています。
これで発表会の選曲は、ソロ、アンサンブル共に終了かな?
入会間もない生徒さん達は、もう暫く教材を進めてから曲を渡しますね。
a0249443_08344530.jpeg
ソロ曲は、もう練習に入ってますが、
前向きな生徒さん、後ろ向き?な生徒さんそれぞれです。
計画通りに進める事って大切です。(私も耳が痛いけれど)
小さな積み重ねが、大きな成果を生み出します。
「発表会って、11月でしょう・・」なんて思っていたら122.png
もうすぐ夏休みです。
皆の成長を楽しみにしています162.png




[PR]

# by izi9_piano | 2017-07-12 08:40 | 教室のつぶやき | Comments(0)